2015 9月 - 不妊症|不妊治療の情報・原因・治療

不妊に悩むカップル、夫婦を応援する不妊症、不妊治療の情報ブログです。悩みを克服するために、不妊症の情報と治療方法を紹介いたします。是非ご覧ください!

9月, 2015年

セックスレスになる原因

2015-09-22

近年、セックスレス増加傾向があります。ある調査によると、日本は30%ぐらいの夫婦はセックスレスの悩みを抱えています。セックスレスの問題はカップル間の溝がどんどん深まるし、少子化の社会問題にもつながっています。セックスレスで離婚や別れのケースも少なくないです。セックスレスを改善するためには、セックスレスになる原因を見極めるのはポイントです。ですから、夫婦セックスレスに陥ってしまう原因は一体なんでしょうか。

精神的ストレス

疲労、ストレス、仕事のプレッシャー、育児などのはセックスレスの大きな原因です。精神的なストレスを軽減するために、夫婦間にコミュニケーションをとることは不可欠です。

ホルモンバランスの低下

出産後、女性の女性ホルモンの分泌は一時に減少してしまいます。女性ホルモンの減少で性欲が減退するため、産後は夫婦セックスレスに一番なりやすい時期です。但し、ホルモンの変化は産後一時的なものなので特に心配する必要はありません。この時期に、もっと奥さんに理解しましょう。

コミュニケーション不足

セックスの誘いを拒否されることは辛い経験ですね。それがきっかけとなってセックスレスに陥ってしまうケースもあります。特に二人の関係に問題がない場合でも疲労やストレス、気分が乗らないなど、セックスを断る理由はさまざまがあります。パートナーとのコミュニケーションがきちんとはかれていないと、断られたという事実だけがトラウマとなり、誘いづらくなってしまいます。日々コミュニケーションはセックスレスを避けるために欠かせないポイントです。

上記のセックスレスでは、女性用媚薬で改善できます。女性媚薬は女性のセックスレスや性冷淡、感度低下などの悩みを解消でき、女性用のセックス媚薬であります。女性のセックスレスを解消する媚薬は、性欲剤とも言えます。女性の性機能を向上して、性ホルモンを促進して、分泌物を増加する効果が著しいです。女性性欲剤を通して、有効的に女性のセックスレス悩みを解消でき、円満なセックスライフが過ごせます。

女性の性機能障害

2015-09-02

一般的には男性のほうが性機能障害を起こすのが多いです。でも女性は性機能障害が起こる場合もあります。嫌悪症、性交痛症、性欲低下などの症状を挙げられます。

性嫌悪症は、性的雰囲気になるのを嫌ったり、性的な接触を嫌悪し回避する症状です。

性交痛症は痛さで陰茎が挿入できない、パートナーの手が外陰部に触れるだけで激痛が走ってきました。

性欲低下は性的興奮が得られない、興奮しても途中で気持ちが冷めてしまうといった症状です。

女性が性機能障害を起こす原因は、身体的な原因と精神的な原因に分けられます。

身体的要因は、加齢によるホルモン不足、経口避妊薬や抗うつ剤の副作用、膣炎があります。精神的要因は、性を汚らしいものと育てられてきた環境、母親の過干渉、中絶、パートナーの勃起障害が考えられます。

性機能障害の治療においては、ロマンティックな小説や恋愛映画を積極的に観ることで、人が性的存在であることを受け入れるようにしていきます。

性に対する不安を少しずつ解消していくため、挿入練習が行われます。性交痛症の場合は、細い棒状のものから挿入練習を行っていき、練習を通じ徐々に刺激を強めます。

女性は自分に合う治療を求めればいいのです。媚薬、催淫剤、惚れ薬、発情剤、潤滑剤などの治療薬を利用してもいいです。徹底的に不感症、冷え症、性欲低下を解決します。